Copyright©Sangyo Kaihatsukiko Inc. All rights reserved.

〒111-0053 東京都台東区浅草橋2-2-10 カナレビル

TEL.03-3861-7052 FAX.03-5687-7744

  • スマート農業360

ドローンによる農薬散布講習会を新潟県五泉市で開催!

最終更新: 2019年6月7日

株式会社セキドは、3月18日~22日の5日間、新潟県五泉市にて農薬散布用ドローン「AGRAS MG-1」を利用した、ドローンによる農薬の散布に必要な技術認証の取得が可能となる講習会プログラム「セキド農業ドローン講習 in 新潟五泉」を開催、現在講習プログラムへの参加者を募集している。



【セキド農業ドローン講習 概要】 DJI社が開発した次世代ドローン「AGRAS MG-1」は、液剤、粒剤の農薬・肥料および除草剤などさまざまな薬品散布を高精度に行う折りたたみ式ドローンである。AGRAS MG-1の取扱い(導入)には技術認定証が必要。

セキド農業ドローン講習は、座学・技術講習内で10時間の飛行訓練飛行を行い、試験を経て、AGRAS MG-1 の取扱い(導入)に必要なオペレーター免許である「(一社)農林水産航空協会」を取得するためのプログラムである。

【セキドの農業ドローン講習のココがすごい!】

国土交通省登録管理団体であるSUSCセキド無人航空機 安全運用協議会で培ったプロ講師によるドローンの技術講習と、昨年MG-1による水稲・五泉名物の里芋の防除を実施した農業法人渡辺農園代表(産業用無人ヘリコプター免許も所持をしている空中農薬散布のプロフェッショナルフライヤー)による農薬散布の実績に基づく農薬散布の現場で役立つ知識やノウハウを学ぶことができる。

農薬散布は薬剤の散布のため、実際の散布経験に基づく技術習得やコツ、押さえるべき知識も非常に多く、プロ視点の農薬散布裏話などもセキド農業ドローン講習の特徴となる。


【農業用ドローン「AGRAS MG-1」とは】

DJI社から発売されている8枚ローターを搭載したドローン。高度なセンサシステム、GPSを搭載し安定した飛行はもちろん、最大で10kgの農薬を備え付けのタンクに積載可能。

液剤と粒剤と2種類の散布装置に対応し水稲を筆頭に、各種農作物へ防除作業としての農薬散布において作業コストの軽減、作業時間の短縮、散布の均一かつ正確な散布場所を選ばず実現可能なドローンである。

【農業ドローン導入の「4大メリット」】

新潟県五泉市で講師も務める現役農家が、昨年8月下旬に行った水稲防除の実績から、農家視点で得られたメリットについて紹介。

▼実績例

・場所:新潟県五泉市

・対象作物:米

・対象農薬:除草剤、殺菌剤

・作業時間:(1ヘクタール〔1000㎡〕を対象)約10分で散布完了(10aで約3分)


▼4大メリット

  1. 10aの散布に約10分程度掛かる従来の動力散布機と比較して、約3分と大幅な作業時間短縮を実現。

  2. 夏場の炎天下で水田に入って散布するという重労働がなくなり、ドローンの操縦や機体のバッテリー交換といった軽作業に変わる。

  3. 散布作業従事者の農薬吸引リスクの大幅低減が実現。

  4. 農作物に対して均一な農薬散布が可能。上空から一定速度、一定量を散布する事ができるため、段差の影響も少なく圃場の端まで均一な農薬散布が可能。


■講習会の詳細、申し込み

一般社団法人 農林水産航空協会認定 セキド農業ドローン講習 in 新潟五泉(技術認定証取得)

https://sekido-rc.com/?pid=140272542


■講習会に関するお問い合わせ

https://pro.form-mailer.jp/fms/e9646c4977801

#農薬散布 #農業改革 #ドローン #スマート農業