• スマート農業360

ドローン空撮に役立つ!対空標識の位置情報を計測するマニュアルを公開!

農研機構は、市販の小型受信機を使って、みちびきなどのGNSS情報を利用し、ドローン用対空標識の位置情報を計測する方法を解説したマニュアルを公開した。


本成果をドローン画像解析ソフトと合わせて使えば、農業現場では、圃場内の地面の凹凸や作物の生育むらを誤差数センチメートルレベルの高い位置精度でマップ化できるようになる。



【概要】

近年、スマート農業を実現するための先端技術の導入が図られつつあり、ドローン空撮画像を活用した農作物の生育状態の診断やロボット農機具の運用技術の開発も進んでいる。


これらの目的でドローン空撮画像からマップを作成する場合は、空撮の際に用いる目印(対空標識)の正確な位置情報(緯度・経度・標高)を計測する必要がありるが、計測には高度な専門知識や高額な専用機材の初期導入コストが必要であった。


そこで農研機構は、対空標識の位置座標を小型GNSS受信機で精度よく計測する手順を解説した技術マニュアルを作成し、公開した。



このマニュアルに則って作業すれば、市販のドローンと安価(専用機材の1/10以下の価格)な小型GNSS受信機を使って、対空標識の位置座標(緯度・経度・標高)を、簡単に誤差数センチメートルの精度で測定できる。


解析に用いるソフトウェアは無料で使用可能で、測定作業も1人で行えるため、従来の方法よりも安価で手軽に高精度な計測が可能となる。


このような位置情報の計測は、農業分野においては精緻な位置情報を有した不陸(凹凸)マップや作物生育マップを作成するために不可欠な要素技術の1つである。


さらに本成果は、農業分野に限らず位置情報にもとづくきめ細やかな作業や管理を行うための空間情報インフラ整備にも貢献する。


★マニュアル(PDF形式)は農研機構のウェブページからダウンロードできる。

http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/pamphlet/tech-pamph/130441.html


#ドローン #農研機構 #空撮 #GNSS #スマート農業

Copyright©Sangyo Kaihatsukiko Inc. All rights reserved.

〒111-0053 東京都台東区浅草橋2-2-10 カナレビル

TEL.03-3861-7052 FAX.03-5687-7744