• スマート農業360

【イベント・PR】第3回―農業Week [大阪] ◆次世代農業EXPO ◆農業資材EXPO ◆6次産業化EXPO

最終更新: 2019年6月7日


西日本最大の農業展を開催!

今年5月22日(水)~24日(金)、インテックス大阪にて「第3回 農業Week大阪」(旧 関西農業ワールド)が開催される。第3回目となる今回は、初出展70社を加え、総勢280社が、農業に関する製品やサービス、技術を出展。農業Weekは「次世代農業EXPO」「農業資材EXPO」「6次産業化EXPO」の3展で構成されており、それぞれの特徴は次のとおりである。


■ 次世代農業EXPO:

植物工場、ドローン、農業IT、太陽光発電、農業ロボット、バイオマス、人材サービスといった農業向けの先端技術・サービスに特化している。

■ 農業資材EXPO:

施設園芸資材、農業機械、肥料、畜産資材、鳥獣害対策、農産物パッケージ、農作業用品、作業服などの展示がメインとなる。

■ 6次産業化EXPO:

食品加工機械、鮮度管理、OEM、衛生用品、販売支援、直売所向け設備など、6次産業化に欠かせない製品が展示。


3展の同時開催によって、既存の農業者はもちろんのこと、新規就農予定の方や、農業への新規参入を考えている企業などが来場し、出展社とビジネスに直結する商談が随所で見られる展示会となる。


農業界が大注目の2つのフェアを新設

今年は、新たに2つのフェアの新設が決定した。

1つ目が【スマート農業フェア】。ドローン、IoT、ICT、ロボット技術などが出展し、超省力化や高品質生産等に興味のある方には是非ご覧いただきたい製品が出展されている。

<出展対象製品>

◆植物工場 ◆ドローン ◆ IoT・ICT・AI ◆自動走行トラクタ ◆アシストスーツ◆ロボット ◆ビックデータ ◆センサ ◆遠隔監視 ◆クラウドシステム ◆環境制御…など


2つ目が、【畜産フェア】。養豚・養鶏・養牛に関する資材・設備が出展し、西日本エリアの養豚・養鶏・養牛農家、畜産資材卸の方に必見。

<出展対象製品>

◆給餌器・給水器 ◆飼料 ◆畜舎・畜舎システム ◆自動搬送システム ◆ネット ◆選別・包装機 ◆健康・衛生管理製品 ◆ケージ ◆送風機…など


業界のキーパーソンによる全27講演も開催

「農業の知識を深めたい」「新しい分野の知識を得たい」という人のために、会期中は毎日9セッションのセミナーを開催している。農業界のキーパーソンたちが1時間、経験から培ってきた知識やビジネスに役立つ話を存分に聴かせてくれる。


無料の特別講演は、業界大手の農業法人の経営戦略、ヤンマーが考える未来の農業、IoT/AIによる働き方改革、ドローンの導入実績など、12講演。また、毎日1講演ずつ植物工場をトピックにした講演が設けられており、植物工場の現状や、最先端の植物工場経営を学べる。


なお、有料セミナーは5月10日(金)までの申し込みで、通常4,000円の受講料が3,000円になる。農業WeekのHPやFacebookでも各講演や講演者について詳しく紹介しているので、興味のある人はぜひ一度ご覧いただきたい。


招待券(無料)は農業WeekのHPよりお申込み可能。

※1人につき1枚必要(招待状をお持ちでない場合、¥5,000/人)


■講演プログラム(一部抜粋)

定員になり次第申込み締切となりますので、お早めにお申し込みください!

セミナー申込み・詳細はこちら >>

#農業Week #スマート農業 #展示会 #畜産

Copyright©Sangyo Kaihatsukiko Inc. All rights reserved.

〒111-0053 東京都台東区浅草橋2-2-10 カナレビル

TEL.03-3861-7052 FAX.03-5687-7744