Copyright©Sangyo Kaihatsukiko Inc. All rights reserved.

〒111-0053 東京都台東区浅草橋2-2-10 カナレビル

TEL.03-3861-7052 FAX.03-5687-7744

  • スマート農業360

イノチオプラントケア(株)、菊用殺虫剤「inochio セイレーンフロアブル」を発売―難防除害虫に優れた効果―

イノチオプラントケア株式会社は、2018年11月21日に農薬登録を取得した菊(マム)専用の殺虫剤「inochio セイレーンフロアブル」を発売した。

菊の農薬として新規系統の成分で害虫の成長を阻害し、アブラムシ類やアザミウマ類といった薬剤抵抗性が強まった難防除害虫の防除に優れた効果がある。

inochioセイレーンフロアブル(250mL容器)

【inochio セイレーンフロアブルの特徴】

  • 新規の作用性:菊の分野では新系統の殺虫剤。従来の殺虫剤とは異なる作用性で、害虫の生体を構成する脂質の生合成を阻害する。

  • 優れた浸透移行性:有効成分が植物体内に速やかに取り込まれ、導管と師管を通って作物の生長点付近へ運ばれる。生長点は多くの吸汁性害虫の寄生場所のため、効率的に防除できる。

  • 長い残効性:遅効性で幼虫にじわじわと効き、残効性に優れ、効果が長期間持続する。

  • 多種の害虫に効果:1剤で多くの種類の吸汁性害虫に優れた効果があり、アブラムシ類、アザミウマ類に優れた効果を発揮する。

  • 難防除害虫に効果:難防除害虫に安定した効果がある。感受性の低下したアブラムシ類、ミナミキイロアザミウマに高い効果を示す。

【植物体内で効果を発揮】

散布された有効成分は速やかに植物体へ吸収され、害虫は植物体を吸汁することで成分を取り込み死に至る。有効成分は導管と師管の2つのルートを利用し、植物体内を上下へ移動する。この2方向の移行性により有効成分が植物体内にとどまり、害虫の防除効果が長く持続する。

植物体内で効果を発揮

【使用時期】

有効成分は生長点付近に移行するため、未展開の葉やつぼみにとどまり、薬剤のかかりにくい部分に生息する害虫に効果が期待できる。そのため、電照の消灯前後から着蕾(ちゃくらい)頃の使用が効果的。


その他 詳細はこちらを参照 >>


■問い合わせ先

イノチオプラントケア株式会社

TEL:0532-25-5611

https://www.inochio-plantcare.co.jp/

#農薬 #殺虫剤 #害虫