• スマート農業360

国立大学では半世紀ぶり!福島大学「農学群食農学類」を開設

国立大学法人 福島大学は、「食」と「農」を繋ぐ学問を福島から発信することを目的とし、新たに「農学群食農学類」を2019年4月に開設する。

東日本大震災の被災地域と共に歩む福島大学。 新設される食農学類は、福島県農業の復興だけではなく「日本の新しい農業」の可能性を福島から発信していくという思いより開設に至っている。

本学開設にあたり、福島大学長 中井勝己氏は次のように述べている。

「 食農学類は、「食」と「農」との結びつきを重視したもので、これまでの大学の農学部にない新しいものです。農地である現場を重視し、1年生から農場実習を行うとともに、4年間を通して地域実践型教育を進めます。 福島県農業の復興だけではなく「日本の新しい農業」の可能性を拓く人材を養成し、福島から新しい「食」と「農」を発信していきます。」


【食農学類設置の目的について】

農畜産物の生産から食材の加工・流通を経て食品の消費までを相互に作用する1つの体系(フードシステム)としてとらえ、生産や加工、消費の現場と向き合いつつ大学での教育と研究を進めていく。近代的な食と農の関係性を基本とするフードシステムの教育研究を進め、専門人材の育成と研究・技術開発を通した地域と社会への貢献を目指していく。


【食農学類の概要について】

「ポピュラーカルチャー」とは、いまの時代に広く社会に受容、流通される性質のもの。同学部では、技術の習得だけでなく現代社会とそこに生きる人間に対する理論的考察も学ぶ。単なる技術者育成にとどまらない、新しい文化を創造するクリエイターを養成する。


【農学群 構成】食農学類(定員100名)

  • 食品科学コース

  • 農業生産学コース

  • 生産環境学コース

  • 農業経営学コース

<食品科学コース>

フードシステムの「食べる」ことの中でも、加工して食べる段階の教育研究が中心となっている。「食べる」は食品の摂取から、消化と吸収、体内輸送と動態、組織・器官・細胞への作用、全身での生理作用までを含む多様な生命現象である。そのため学ぶことも多い。優れた食品の製造について知識・技能のポイントを修得するとともに、地域の食の伝統的な強みを活かす筋道を具体的に理解している人材の育成を目指す。

【想定される進路】

食品関連企業、化学メーカー、化粧品関連会社等


<農業生産学コース>

作物栽培に関する最新の技術や知見を駆使して農業生産、特に作物生産、食料生産、栽培資源利活用、栽培環境の諸問題を解決するための専門知識、技術を修得させ、新規栽培品種の開発と既存品種の見直し、栽培技術の革新、病害虫の農業被害管理に関する技能の習得を目指す。

【想定される進路】

農業関連企業、流通企業、観光・宿泊企業等


<生産環境学コース>

森林・農地・水環境等の生産資源、ならびに農業土木や農業機械といった生産活動を管理・運用するシステムに関わる科目を通じて、生産環境の保全・活用と、これに付随する問題群を解決するための専門知識や技術を修得する。本学類の他コースの科目も履修することで、多角的視野から生産環境を探求し、その保全と活用を実践できる人材の育成を目指す。

【想定される進路】

金融、流通企業、観光・宿泊企業等


<農業経営学コース>

農林業を営む個別経営体の構造や行動を捉える農業経営学を中心として、食料の生産から加工・流通を経て消費に至るプロセスの全体像、すなわちフードシステムおよび地域・農村社会や地域づくりの領域をカバーしながら、それらにかかわる問題群を解決するための知識と人文・社会科学的な技能を修得する。そこではフィールドワークの方法論に基づく現場立脚型のアプローチを重視する。また本学類の他コースの科目を履修することで多角的な視点も養いながら、これからの農林業や食品産業、地域農村社会の現場を担える人材の育成を目指す。

【想定される進路】

バイオマス関連企業、土木・建設企業、情報・通信関連企業


※福島大学 食農学類ホームページ >>

#福島大学 #農学群食農学類 #農業経営

Copyright©Sangyo Kaihatsukiko Inc. All rights reserved.

〒111-0053 東京都台東区浅草橋2-2-10 カナレビル

TEL.03-3861-7052 FAX.03-5687-7744