• スマート農業360

オーガニックソイル、 「参加型農業テーマパーク」の共同開発に向け、いちご(株)と資本業務提携を締結

株式会社オーガニックソイル(5月1日より株式会社OSMICへ商号変更予定)は、アセットマネジメント、現存不動産に新しい価値を創造する心築(しんちく)、クリーンエネルギー等をコア事業とするいちご株式会社(以下、いちご)との間で資本業務提携を締結し、オーガニックソイルが今期より新たに着手する「参加型農業テーマパーク」の共同開発に取り組むことになった。

参加型農業テーマパークのイメージ

【資本業務提携の目的】

オーガニックソイルは、高糖度ミニトマトを品種開発するとともに、独自開発の高密度微生物有機培土を適用した太陽光利用の環境制御ハウス「オスミックハウス」をパートナー生産者に提供し、栽培されたミニトマトを買い取り、「オスミックトマト」との統一ブランンドで販売している。


今年度より自治体との取り組みにも注力し、遊休農地や不耕作農地を活用し、クリーンエネルギーによる味覚狩りができる観光農園、オスミック生産物を使った有名シェフ監修のカフェレストランやマルシェに加え、キャンプやグランピング等のアウトドア、宿泊施設を併設した「参加型農業テーマパーク」の展開を計画している。


他方、提携先のいちごが子会社としていた株式会社テヌート(以下、テヌート)は、ビニールハウスにおける作物の光合成を最適化するため、産業界で排出されるCO2を分離回収し、それらを光合成の作用に合わせて効率的に施用するCO2局所施用システムの開発および施工を行い、農業の生産方法の改革、雇用の促進、周辺産業の活性化を確立することで、強い農業、儲かる農業を目指している。


テヌートのCO2局所施用システムを適用することで生産性、品質が飛躍的に向上する「オスミックハウス」をパートナー生産者へ提供することが、テヌートのさらなる企業価値向上に資すると判断し、株式交換を実施した。


併せて、いちごと資本業務提携を行うことで、いちごがもつ豊富な商業施設および宿泊施設の運営実績、クリーンエネルギー事業の確立、昨年より行っているスマートハウス賃貸事業の実績・ノウハウが活用でき、弊社が計画していた「参加型農業テーマパーク」に反映し、実現していく。


【資本業務提携の概要】

いちごおよびテヌートが保有するテヌートの全株式を弊社株式と交換することにより、本年3月31日付で、テヌートはオーガニックソイルの完全子会社となった。

また、オーガニックソイルといちごは、「参加型農業テーマパーク」の共同開発を主とした内容の業務提携契約を本日付で締結している。

#テーマパーク #トマト #環境制御

Copyright©Sangyo Kaihatsukiko Inc. All rights reserved.

〒111-0053 東京都台東区浅草橋2-2-10 カナレビル

TEL.03-3861-7052 FAX.03-5687-7744