• スマート農業360

井関農機、水稲作におけるスマート農業機械化一貫体系を図るべく生育管理・生育診断商品の取り扱い開始!

井関農機株式会社は、水稲作機械体系におけるスマート農業一貫体系の実現に向け、ベジタリア株式会社、積水化学工業株式会社、株式会社スカイマティクス、国際航業株式会社の生育管理・生育診断商品の取り扱いを開始した。


水稲作におけるスマート農業機械化一貫体系

【目的】

日本農業の構造変化により、生産性の向上に向けたICT や先端技術等を活用したスマート農機が求められている。同社はこれまで業界初の可変施肥田植機の市場投入や作業・機械管理システム「アグリサポート」「スマートファーマーズサポート」の提供といった独自の展開に加え、農業ICT ツール「アグリノート」(ウォーターセル株式会社)など他社商品との連携も進めてきた。


今回、これらの展開に加え、各企業が取り扱う生育診断・生育管理商品の提供を開始することで、水稲作におけるスマート農業機械化一貫体系の実現を図る。


【取扱商品概要】

■ベジタリア株式会社

「PaddyWatch(パディーウォッチ)」「FieldServer」「FieldCam」

水田センサ「PaddyWatch」は、水稲圃場の水位・水温を計測し遠隔からの監視が可能になり水管理の省力化効率化を図ることができる。

農業用センサリングシステム「FieldServer」は、気象計や土壌複合センサ、CO₂センサ等栽培作物によってセンサを付け替えることができ、栽培時期の予測や肥培管理、病害虫の発生予測等に役立てることができる。

乾電池式IoT カメラ「FieldCam」は、どこにでも簡単に設置できるIoT カメラを圃場に置くことで遠隔地からの育成を確認することができるとともに、赤外線センサで鳥獣害の被害対策にも活用できる。


■積水化学工業株式会社 「水まわりくん+エアダスバルブ」

水田水管理省力化システム「水まわりくん+エアダスバルブ」はパイプライン用の自動給水システム。自動で給水栓を開閉することにより、水田に行く回数を減らすことができるため、大幅な水管理作業の省力化が実現する。加えて、適切な水管理による米の品質向上効果や収穫量の増加、掛け流し防止による節水効果等が期待できる。

主な特長として、開閉トルクの小さい「エアダスバルブ」との組合せによるコンパクト構造や、タイマ型・リモコン型・遠隔操作型のラインナップがあり、コスト面や経営規模等の観点から利用者のニーズに沿った選択が可能。


■株式会社スカイマティクス 「いろは(IROHA)」

葉色解析クラウドサービス「いろは」は、葉色画像の診断・管理をインターネットを通じて簡単に行うことができるサービス。

ドローンにより撮影された画像を「いろは」にアップロードすることで、圃場内の位置に合わせて自動的に配置、記録される。また、クラウドサービス上に用意された生育診断機能を利用することで作物の生育状況や病気や害虫、雑草といった農地の状況などを画像毎に記録することができる。

毎日の葉色の確認を容易にし、きめ細かな生育管理を実現する。また、本サービスは、スカイマティクス社自身が開発する専用ドローンのほか、市販されたドローンにも対応している。


■国際航業株式会社 「天晴れ」

営農支援サービス「天晴れ」は、人工衛星やドローンから撮影した圃場の画像を解析し、農作物の生育状況を診断してお知らせするサービス。食味を左右するたんぱく含有率や籾水分率等の知りたい情報を刈り取り前に把握でき、品質ごとの刈分けや最適な刈り取り時期の設定が可能になるとともに、農作業時間、コストの低減につなげることが期待できる。さらに、籾水分率の情報を活用することで胴割れ軽減など品質の維持・向上を図る。

衛星等のデータを用いるため初期投資不要(サービスご利用分のみ)。依頼したタイミングの適期にデータを入手することができる。

#スマート農業 #生育管理 #生育診断 #営農支援 #ドローン

Copyright©Sangyo Kaihatsukiko Inc. All rights reserved.

〒111-0053 東京都台東区浅草橋2-2-10 カナレビル

TEL.03-3861-7052 FAX.03-5687-7744