• スマート農業360

inahoの野菜収穫ロボットがバージョンアップ!収穫時間が半分に!アスパラガスの春芽にも対応!

inaho株式会社は、野菜収穫ロボットの正式リリース(2019年5月)に向けて、より実用に耐えうる仕様へとバージョンアップを行った。


また、それにともない最新のロボットのデモ動画を公開し、アスパラガスの春芽の状態の収獲風景を公開した。

野菜収穫ロボット

春芽は1年の中でも最もアスパラガスが密集して発芽している状況だが、その中でも安定して収穫できるように進化した。inahoの収穫ロボットは、重労働が負担となっている農家の元で、1日でも早く使っていただけるよう日々進化を遂げている。



【ロボットの進化したポイント】

  • 収穫スピード:1本を収穫するに当たり30秒ほどかかっていたのが、1本当たり15秒と半減

  • 車体幅:47cmあった車体幅が39cmにスリム化。より多くの農家の圃場に入りやすくすることを実現

  • 積載量の10倍化:前回のVerと比べて、積載量が約10倍に。実用に十分に耐えうる仕様へと変更

#収穫ロボット #AI #アスパラガス #動画

Copyright©Sangyo Kaihatsukiko Inc. All rights reserved.

〒111-0053 東京都台東区浅草橋2-2-10 カナレビル

TEL.03-3861-7052 FAX.03-5687-7744