Copyright©Sangyo Kaihatsukiko Inc. All rights reserved.

〒111-0053 東京都台東区浅草橋2-2-10 カナレビル

TEL.03-3861-7052 FAX.03-5687-7744

  • スマート農業360

東京農大「食と農」の博物館で農芸化学に関する新企画を開催!

東京農業大学「食と農」の博物館は、4月25日(木)より企画展「農芸化学の始まりから未来まで ―化学とバイオで「食」を創り「生きる」を支える―」を開催する。



本展は、東京農業大学応用生物科学部農芸化学科の教授8名が企画し、農芸化学とはなにか、世界や日本での農芸化学の始まり、農芸化学から生まれた品種改良など、「食」と「生きる」ことを農芸化学の視点で考え、農芸化学の歴史と今後のあり方を、2つのセクションでわかりやすくする農芸化学の今とこれからを学べる展示となる。


【企画展 農芸化学の始まりから未来まで―化学とバイオで「食」を創り「生きる」を支える―】

  • 展示期間/2019年4月25日(木)~2019年8月5日(月)

  • 会場/東京農業大学「食と農」の博物館 1階 企画展示室

  • 会館時間/10:00~17:00

  • 休館日/月曜日(但し5/6は開館し翌火・水曜休、7/15は開館し翌火曜休、 4/29、8/5は開館)、月末最終火曜日

  • 入館料/無料

  • 主催/東京農業大学応用生物科学部農芸化学科(代表:学科長 樋口 恭子)

  • 博物館URL http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/

本展では、展関連講演会・イベント・ワークショップも開催され、農芸化学の豊かな世界を楽しむことができる。

〇講演会・試食『ごはんを美味しく食べよう』

〇トークショー『野菜と花の品種改良と商品開発』

〇イベント『身近な分子の模型であそぼう』

〇トークショー『ゲノム編集って何?』

※詳細は博物館ホームページを参照 >>

#農芸化学 #東京農業大学 #食と農