• スマート農業360

もったいない農作物(食品ロス)から「魅力的な」機能性食品へ!

福岡工業大学工学部 生命環境化学科の長谷研究室(長谷靜香 准教授)では、1次産業(農水産業)の未利用資源に着目し、廃棄される農産物を活用した機能性食品の開発に取り組んでいる。


長谷靜香 准教授

現在同研究室が着目しているのは、温州ミカンの生産過程で間引き、廃棄される「未熟ミカン」と多くの茶農家で質が劣るとして廃棄される「三番茶葉」。これらを混ぜ合わせた上で発酵させた「発酵茶」について抗肥満化作用の可能性を検討する研究を始め、今年度からこの研究に対して文科省の科研費助成も内定している。


商品価値がないとされる「未熟ミカン」と「三番茶葉」には、実は健康効果のある成分が多く含まれており、これらの「もったいない」農作物から新たな「健康」を作り出そうという試みである。


未熟ミカン

「未熟ミカン」とは

成長過程の温州ミカンで直径3~4センチの小さなもの。通常、農家ではミカンの生育過程で間引かれ、有効利用されることなくそのまま廃棄されている。未熟ミカンには抗肥満化作用のあるポリフェノールの一種「ヘスペリジン」が、出荷される成熟した食用のミカンよりも多く含まれることがわかっているが、「ヘスペリジン」は水に溶けにくく、食品への応用が難しいという課題があった。


「三番茶葉」とは

秋冬に刈り取られる三番茶葉は、一般的に飲まれる一番茶や二番茶と比べてうまみの面で劣るとされ、茶農家ではシーズン中に刈り取るものの、多くの場合在庫を抱えた後そのまま廃棄されていた。


この2つを独自の方法で混合して、さらに酸化発酵させた混合茶葉を作ると効果的に抗肥満化作用につながる健康成分を摂取できる可能性があり、同研究室ではデータの検証に取り組んでいる。今後さらに国からの支援を得て研究を進めることで、「未熟ミカン」×「三番茶葉」の発酵茶の機能性を実証し、「もったいない」農作物から「魅力的な」機能性食品を商品化することを目指していく。

#食品ロス #1次産業 #機能性食品 #廃棄食品

Copyright©Sangyo Kaihatsukiko Inc. All rights reserved.

〒111-0053 東京都台東区浅草橋2-2-10 カナレビル

TEL.03-3861-7052 FAX.03-5687-7744