• スマート農業360

途上国や日本での農業の課題解決を目指し、JA全中とJICAが連携協力基本協定を締結

全国農業協同組合中央会(JA全中)と国際協力機構(JICA)は、開発途上地域や日本国内の課題解決に貢献することを目的とした連携協力基本協定を締結した。



農業における課題を克服するための方策の1つとして、協同組合の設立がある。しかしながら、途上国での協同組合は未発達であり、機能が十分に発揮されていない。

それに対し、日本のJAグループは長い歴史をもち、農業資材の共同購入や農産品の共同販売等、農家の所得向上に必要な知見を豊富に有している。小規模農家が多い途上国の農村活性化に寄与することが期待できる。


一方、日本では、農業従事者の減少といった問題を抱えている。そこで、両機関が連携協定を締結することで、JAグループの知見を途上国の農村開発に活用すること、また途上国からの研修員受入等による国際協力を通じわが国の農村地域の課題解決を目指す。


本年度は、インドネシアへJA職員を派遣し、技術協力プロジェクト「官民協力による農産物流通システム改善プロジェクト」の対象農家に対して営農や運営に係る技術指導を実施する予定。


#JA #全国農業協同組合中央会 #JICA #国際協力機構

Copyright©Sangyo Kaihatsukiko Inc. All rights reserved.

〒111-0053 東京都台東区浅草橋2-2-10 カナレビル

TEL.03-3861-7052 FAX.03-5687-7744