• スマート農業360

千葉県いすみ市、京葉銀行・NTT東日本と連携 農業・漁業・観光などICTを活用した地域活性化を目指す

千葉県いすみ市と京葉銀行、ならびにNTT東日本は、ICTを活用した地域活性化で連携協定を結んだと発表した。


和食がユネスコ無形文化遺産に登録されるなど日本人の米や魚を中心とする食文化が世界で注目されている。いすみ市は、千葉県内でも有数の稲作面積を有するとともに、沖合には「器械根」と呼ばれる岩礁群があり良好な漁場が広がるなど資源環境に恵まれている。


一方で、将来人口は、全国および県の水準を上回るスピードで減少することが予測されており、農業や漁業における就業者の高齢化や後継者不足が地域経済の課題となっている。


今回の協定により、いずみ市は主に農業・漁業・観光・地域IT人材育成などの分野においての、デジタルトランスフォーメーションの加速による地域活性化を目指す。


連携スキーム図

【連携事項】

(1)農業

  • 除草ロボットやドローン等を活用した特別栽培米「いすみっこ」の栽培方法確立と供給量の拡大

  • 米作りの空き時間や閑散期等を活用した新たなワークスタイル「半農×半IT」の提案と推進

(2)漁業

  • 生産管理情報のデジタル化(魚種のAI自動判別等)による水揚から販売までの流通リードタイムの短縮

  • トレーサビリティの確立によるさらなるブランド力向上

(3)観光

  • インバウンドの集客促進とキャッシュレス活用の推進

  • 「港の朝市」の運営効率化と集客拡大

  • 地元農家や企業との連携による体験型観光(農泊、漁泊)の推進

(4)地域IT人材育成

  • 都市部の高スキルITエンジニアと連携した地域IT人材の育成

(5)その他

  • 移住定住者の創業支援や経営支援等

  • 上記のほか、地域社会の活性化に資する事項

#地域活性化 #AI #トレーサビリティ #ドローン

Copyright©Sangyo Kaihatsukiko Inc. All rights reserved.

〒111-0053 東京都台東区浅草橋2-2-10 カナレビル

TEL.03-3861-7052 FAX.03-5687-7744