• スマート農業360

中小規模農家のニーズに応える大排気量・コンパクト設計なコンバインを発売!

ヤンマーアグリ株式会社は、省力化や作業の効率アップ・低コスト化など、担い手農家のニーズに応える「ベストマッチモデル」として、コンバイン「YH462A」を6月1日より発売する。


ベストマッチモデルのコンバイン「YH462A」

近年、農地の集約による経営の大規模化や集落営農組織が増加傾向にある一方で、中小規模農家は就農者減少・高齢化による人手不足などにより減少傾向にある。


同社では、こうした課題を抱える中小規模担い手農家のニーズに応える、高機能で使いやすくコストパフォーマンスに優れた「ベストマッチモデル」として昨年12月にトラクターと田植機を発売しており、今回、新たなラインナップにコンバインを加えた。

【商品概要】

商品名:ヤンマーコンバイン「YH462A」

発売日:2019年6月1日(土)

商品価格:7,840,000円~8,890,000円(税抜、メーカー希望小売価格)

販売目標:初年度200台

【主な特長】

(1)大排気量・高出力エンジン搭載による余裕の作業

総排気量3,318cc、出力45.8kW(62.3ps)のコモンレールエンジン搭載により、負荷が大きくなる湿田での稲刈り作業などでも、エンジン回転が落ちることなく安定した作業が行える。また、定格回転が低いため、振動・騒音が小さく快適な作業を実現している。

左:大排気量・高出力コモンレールエンジン/右:YH462A稲刈り作業イメージ

(2)コンパクトな機体設計による簡単な取り回し

標準な納屋の出入り口高さ2,570mmに対し、キャビンなし仕様の全高は2,350mmと低く抑えた設計のため、本機の移動・格納なども余裕をもって行える。オプションのサンバイザーを装着しても、折りたたんだ収納時の全高は2,400mmになり、納屋への格納も楽に行える。

標準的な納屋に格納できる機体設計

(3)オーガシューターによる、コンテナへの均一な籾排出

オーガシューターの向きを調節することで籾の排出方向が思いどおりに調整でき、機体の位置直しが最小限で抑えられる。また、オーガシューターを水平にすると排出口が閉じ、籾がこぼれない。

左:籾の排出イメージ/右:籾の排出方向を調整できるオーガシューター

#コンバイン #ヤンマー #省力化 #低コスト #トラクター

Copyright©Sangyo Kaihatsukiko Inc. All rights reserved.

〒111-0053 東京都台東区浅草橋2-2-10 カナレビル

TEL.03-3861-7052 FAX.03-5687-7744