• スマート農業360

松原農園とNTT東日本、シャインマスカット栽培におけるスマート農業の実証実験を開始

松原農園(岩手県紫波町赤沢)とNTT東日本は、紫波町およびJAいわて中央の協⼒のもと、NTT東日本が提供する農業向けIoTサービスを利用した実証実験を開始した。


シャインマスカットなどの⼤粒種ブドウは、改良が進んだことで食味や食べ応え食べやすさなどの点で需要が向上している。紫波町内でも⼤粒種ブドウの植え付けが増加しているが、品質や生産性の向上につながる栽培ノウハウの蓄積を必要としている。


写真はイメージです。

【実証実験の内容】

(1) IoT センサ装置による栽培環境把握

IoT センサ装置を圃場に設置することで、栽培環境データ(温湿度、照度、⼟壌性質 など)をリアルタイムに把握できる環境を整備する。また、採取したデータをクラウド上に蓄積することで、栽培環境データの推移を観察し、栽培方法の⾒直しに活用する。


(2) ネットワークカメラによる圃場の監視

遠隔操作で撮影画角を調整できるネットワークカメラを圃場に設置し、離れた場所から圃場内の状況を監視する。農園主や営農関係者による圃場状況の確認のほか、鳥獣被害対策や防犯用途での効果を検証する。


(3)スマホアプリ等による栽培ノウハウの共有

栽培環境データと連携した作業管理アプリを活用し、栽培環境データと作業の実施状況について周辺農家と情報共有を⾏い、栽培ノウハウの共有における効果を確認する。



【関係者からのメッセージ】

・松原農園

これまでは自分で写真を撮影し、同一品種を栽培する仲間たちに共有していましたが、インターネットを介したリアルタイムな情報共有を手間なく⾏えるようになり、自分の負担軽減につながります。


また、畑に来なくても畑の状況がわかるので安⼼感にもつながりますし、いつトラブルが起きたか把握することができるので、栽培方法などを⾒直すきっかけにもなると思います。


・紫波町

IoT の活用により集積した圃場の環境データと、地域の中核農家の知⾒とを合わせてマニュアル化した上で、地域内の農家で共有することができれば、将来的に品質や生産性の向上、担い手の確保等に繋がる可能性があると考えています。


・JAいわて中央

こういったシステムによるデータの集積が、今後同一品種の栽培に取り組もうとする方々にも共有されることで、品質の向上につながるのではと考えます。


・NTT東日本

岩手県内では初となる本実証実験を起点に、農業分野での課題解決に取り組みます。地域に根ざしたICT 企業として、県内の自治体、農業関連団体、農業者の皆様と協働しながら、岩手県におけるスマート農業技術の活用、普及に貢献していきます。

#スマート農業 #実証実験 #IoTセンサ #クラウド

Copyright©Sangyo Kaihatsukiko Inc. All rights reserved.

〒111-0053 東京都台東区浅草橋2-2-10 カナレビル

TEL.03-3861-7052 FAX.03-5687-7744