• スマート農業360

JA香川県・NTTデータ・JSOL『香川県スマート農業技術推進連絡協議会』を設立

NTTデータとJSOLは、JA香川県、生産者部会、香川県および市町村等と『香川県スマート農業技術推進連絡協議会』を設立した。


本協議会では、NTTデータが提供する、営農支援プラットフォーム「あい作」を活用し、農作物の出荷予測モデルの構築を目指す。品種ごとの栽培記録・地域ごとの気象情報・出荷管理データを分析し、地域全体で精度の高い出荷計画策定に向け、実証を進める。


まずは、香川県内のブロッコリーにおいて出荷量の予測モデルを構築し、順次県内の他品目にも展開を見込んでいる。


出荷予測モデル運用イメージ

露地作物の栽培は、天候の影響を大きく受け、収穫量、出荷時期は年により変動するため、市場の需給バランスへの影響も大きく、農家の所得に対する影響も小さくない。また、産地全体の出荷量を予測するには、ベテランのJA担当者の知見と、圃場・地域ごとの生育傾向把握の調査や情報収集が必要となり、多くの時間を費やす。しかし、担い手の高齢化・労働力の減少などから、新たな営農技術体系の構築が急務となっている。


そこで、NTTデータとJSOLは「あい作」を活用し、歩留まりも含め統計分析で出荷量を予測し、生育調査等の時間削減、経験の浅いJA担当者でも、事前に出荷見込を正確に把握できる出荷予測モデルを構築する。これにより、販売事業においても、戦略的に有利販売につなげ、農家の所得向上を目的に取り組みを行う。

#スマート農業 #露地栽培 #NTT #出荷予測

Copyright©Sangyo Kaihatsukiko Inc. All rights reserved.

〒111-0053 東京都台東区浅草橋2-2-10 カナレビル

TEL.03-3861-7052 FAX.03-5687-7744