Copyright©Sangyo Kaihatsukiko Inc. All rights reserved.

〒111-0053 東京都台東区浅草橋2-2-10 カナレビル

TEL.03-3861-7052 FAX.03-5687-7744

  • スマート農業360

スマート農業技術を導入し大麦若葉を栽培 栽培~加工まで一貫した技術体系を構築

ベジタリア株式会社は、株式会社東洋新薬、株式会社東洋グリーンファーム、および株式会社ゼンリンとともにコンソーシアムを形成し、農林水産省が掲げる「スマート農業」の実現に向けた「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」に委託された。


今後2年間で、青汁の主要な原料である大麦若葉の栽培に各種スマート農業技術を導入し、栽培~収穫、加工まで一貫した技術体系の構築を目指す。



日本の農林水産業は、担い手の減少や高齢化の進行等により労働力不足が深刻な問題となっている。またその現場では、依然として人手に頼る作業や熟練者でなければできない作業が多く、省力化、人手の確保、作業負担の軽減が重要な課題となっている。


このような問題、課題を解決するため、近年技術発展の著しいロボットやAI、IoT等の先端技術を生産現場に導入し、「スマート農業」の社会実装を加速化することを狙いとして、農林水産省において「スマート農業」の実現に向けたプロジェクトがスタートした。


今回採択された実証課題では、天候変化に左右されないシステムの構築に取り組む。具体的には、大麦栽培地における環境データとメッシュ気象データを活用した収穫予測システムを構築し、この収穫予測を地図ナビゲーションシステムに取り込むことで、最適な収穫機器の配置や運搬ルートを算出し、収穫および工場稼働の最適化を図る。


これにより、今まで露地栽培では難しいとされた、天候に左右されやすい収穫時期や工場納期を最適化し、ジャストインタイム型の収穫コントロールおよび工場稼働の実現を目指す。


なお、本実証課題においてベジタリアは、センサを活用した大麦栽培圃場の環境モニタリングおよびメッシュ気象を応用した大麦の最適収穫時期の予測およびシステム構築を担当する。

#スマート農業 #実証プロジェクト #ベジタリア #環境モニタリング