• スマート農業360

稲作実習を通じて、米文化を学び、感謝の気持ちを育てる

近畿大学附属広島中学校東広島校では、地域とのつながり、農家の方への感謝の気持ちを育てるため、毎年中学1年生を対象に、地域の農家の水田を借りて、種もみまき・田植え・除草・稲刈り・脱穀・収穫米の試食・藁を利用したしめ縄づくりを体験する稲作実習を実施している。



本実習の一環として、7月11日(木)には雑草や害虫による稲の生育被害を防ぐための除草作業を行う。本実習を通じて、農家の方への感謝の気持ち、お米の大切さ、日本の米文化を知るもので、生徒にとって心に残る体験になるだけでなく、職業観の育成にも役立つとしている。


【年間実習スケジュール】

  • 4月22日(月)種籾まき

  • 5月21日(火)田植え

  • 7月11日(木)除草

  • 10月1日(火)稲刈り

  • 10月16日(水)脱穀

  • 11月12日(火)農業講演会・収穫米試食会

  • 12月17日(火)しめ飾り講習会

#近畿大学 #農業実習 #稲作実習

Copyright©Sangyo Kaihatsukiko Inc. All rights reserved.

〒111-0053 東京都台東区浅草橋2-2-10 カナレビル

TEL.03-3861-7052 FAX.03-5687-7744