Copyright©Sangyo Kaihatsukiko Inc. All rights reserved.

〒111-0053 東京都台東区浅草橋2-2-10 カナレビル

TEL.03-3861-7052 FAX.03-5687-7744

  • スマート農業360

拡大するLPWA通信規格「ZETA」。NTTドコモ加入でスマート農業へのさらなる活用が期待

LPWA通信規格「ZETA」を推進する「ZETAアライアンス」は、2019年6月14日、東京都港区のフクラシア品川クリスタルスクエアにおいて、定期会員総会ならびに第4回ZETA Alliance DAYを開催した。


今回は過去最大規模となる約260名の方々の参加となった。



ZETAアライアンスとは、ZETAの卓越した特性を生かして新ビジネスの創出や、既存事業の改善、省力化や利便性の向上、環境問題への対応など、今後のIoT社会に寄与する理念を掲げ、これに賛同する企業群の団体である。



【NTTドコモ、ソフトバンクが加入】

午前中に行われた定期会員総会では、株式会社NTTドコモ、ソフトバンク株式会社がPromoter会員として新規加入した報告があり、両社を含むPromoter会員ならびにAdopter会員の紹介とZETAアライアンスへの期待と抱負が披露された。


ソフトバンクは「自社の取り組んできたLPWANサービスとともにIoTのさらなる拡大促進をZETAに期待する」と挨拶。さらに新任理事企業となったNTTドコモは「ZETAアライアンスに積極的な協力をする」と表明した。


2018年6月に国内企業4社とZETA開発元のZiFiSenseの僅か5社で産声をあげたZETAアライアンスだが、今回、NTTドコモ、ソフトバンクが加入したことで計61組織となり、今後ますますの成長が期待される。



【ワーキンググループは倍増の6グループへ】

ワーキンググループ(以下、WG)は今期から3グループ増えて6グループとなることが決定。新しく設立したWGの第1は「エネルギービジネスWG」。メガソーラーやバイオガスなどをビジネスにするプロスペックAZ株式会社が主査となる。


第2はNTTドコモの「次世代スマート農業WG」である。同社がもつ農業分野へのICT導入ノウハウとZETAの特性との融合による高次元の相乗効果が期待される。


第3は最新の超薄型通信デバイスであるZETagを活用した凸版印刷株式会社の「ZETag WG」。ZETagがもつ強みを生かした物流分野への応用を目指す。



【ZETA Alliance DAYにNTTドコモ大関氏が登壇】

午後に開かれたZETA Alliance DAYでは、株式会社NTTドコモ ライフサポートビジネス推進部 食文化事業 フードテックビジネスの大関 優 氏が「次世代のスマート農業におけるNTTドコモの取り組み」と題して講演を行った。


大関氏は「農業向けのICT(情報伝達技術)、とりわけLPWA技術については、比較検証した結果ZETAが最有力との結論にいたった」と明言。


茨城県つくば市でおこなった実証実験を事例として、長距離通信、低消費電力、中継器によるメッシュアクセスの実現、コストという4つの側面からZETAの優位性を解説したうえで、今後、水産業や養殖事業などへの展開が期待できることを示唆した。


ZETAアライアンスは、今後も組織の強化拡大と、グループ全体の研究、実験、ビジネスへの展開の充実を目指してさらなる挑戦を進めていく。

#LPWA #ZETA #スマート農業 #IoT #ICT