• スマート農業360

安価な水田水位監視システムを活用した農業IoTを開始〔長野県小谷村〕

長野県小谷村とKCCSモバイルエンジニアリング株式会社、東京電機大学は、地域の課題解決にIoTを活用するプロジェクト、「おたりスマートソンプロジェクト」を発足した。


「おたりスマートソンプロジェクト」は、小谷村の地域課題をIoT技術を使って解決するプロジェクト。今回は、水田の水位監視を省力化するための安価なIoTシステムを開発し、高齢化や人手不足の進む農家の負担軽減を目指す(すでに、2019年7月12日から稼働しており、村内で約10台の実験を開始している)。



従来の水田における水田水位監視システムは、費用対効果が課題となっていた。本おたりスマートソンプロジェクトにおける水田水位監視システム「CMS(Comfort Management System) for Paddy」を用いた実証実験では、農家の負担を減らすことができるのかという観点とともに、単機能な廉価版製作の可否がポイントとなる。小規模農家でも簡単に導入することができ、水位監視の省力化を図ることで将来的な耕作放棄地の減少を最終目的としている。


小谷村とKCMEは2019年3月に地域の諸課題に対応し、地域社会の活性化を図ることを目的とする包括連携協定を締結した。またTDUは2018年12月に開催された京セラコミュニケーションシステム株式会社主催『Sigfoxで生活を楽しくする「IoTアイデアコンテスト」』で「格安スマート水田でIoT導入を手軽に実現」を情報環境学部の学生がエントリーし、プロトタイプ部門で優秀賞を受賞した。


「おたりスマートソンプロジェクト」は、この3者が地域課題解決のために各々の立場で参画し、村内に整備されているSigfoxネットワークを活用して、KCMEとTDUが共同研究で開発した「CMS for Paddy」による実証実験を開始した。



新しい通信技術を活用し、学生のアイデアを社会実装するプロジェクトは、小谷村でも初めての試みとなる。「おたりスマートソンプロジェクト」は、引き続き、産官学連携でLPWA「Sigfox」を活用し、小谷村の地域課題解決を推進していく。

#LPWA #スマート農業 #産学官 #水田水位監視 #農業IoT

Copyright©Sangyo Kaihatsukiko Inc. All rights reserved.

〒111-0053 東京都台東区浅草橋2-2-10 カナレビル

TEL.03-3861-7052 FAX.03-5687-7744