Copyright©Sangyo Kaihatsukiko Inc. All rights reserved.

〒111-0053 東京都台東区浅草橋2-2-10 カナレビル

TEL.03-3861-7052 FAX.03-5687-7744

  • スマート農業360

衛星を活用したキウイフルーツの名産地発掘プロジェクト始まる

宇宙航空研究開発機構 JAXA認定の宇宙ベンチャー 株式会社天地人の提案である「衛星データで地域活力を創造する ~キウイフルーツ ポテンシャル名産地発掘プロジェクト~」が、内閣府宇宙開発戦略推進事務局が主催する「課題解決に向けた先進的な衛星リモートセンシングデータ利用モデル実証プロジェクト」の公募に採択された。



「課題解決に向けた先進的な衛星リモートセンシングデータ利用モデル実証プロジェクト」の公募は、先進的な成功事例の創出と民間事業者の自律的なソリューション展開を目的とした内閣府宇宙開発戦略推進事務局による事業である。


今回、株式会社天地人は、ゼスプリフレッシュプロデュースジャパン株式会社とチームを組んで企画競争に参加し、採択された。


天地人の「衛星データで地域活力を創造する ~キウイフルーツ ポテンシャル名産地発掘プロジェクト~」は、衛星から得られる降雨や地表面温度などの気象情報と、地形の3Dマップに代表される地形情報を複合的に分析し、キウイフルーツをより美味しく育て、より収量も見込める場所(ポテンシャル名産地)を発掘するプロジェクトである。


ゼスプリフレッシュプロデュースジャパン株式会社の生産者行政渉外マネージャーのフランシス修氏は、「採択されて大変うれしく思っている。良い成果が出ることで、おいしい国産キウイフルーツをより多くの消費者の皆様にお届けしたい」と、衛星データ活用への期待感を述べている。


天地人とゼスプリフレッシュプロデュースジャパンは、「衛星データ×農業」で新しい土地評価にチャレンジし、これまで休耕地・耕作放棄地とされていた土地に対し新たな価値を見出すことで地域活力の創造を目指す。

#JAXA #衛星 #リモートセンシング