• スマート農業360

農業収入と売電収入を同時に得られるソーラーシェアリング初号機、滋賀で完成

滋賀県を中心に太陽光発電システムを展開しているニッショク株式会社は、この度、ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)タイプとしての初号機を、滋賀県愛知郡愛荘町に完成させた。

この秋からは太陽光パネル下の農地部分にニンニクを栽培し、本格稼働する予定。



ソーラーシェアリングとは、農地に支柱を立て上空間部分に太陽光発電設備設置し、農業を営みながら発電事業を同時に行うことである。農業の収入を維持しながら太陽光発電による売電収入を同時に得ることができるメリットがある。


今回完成したソーラーシェアリングは、農地約 10,000 ㎡(約10反)のうち約5,600 ㎡に建設。最大出力280Wの太陽電池モジュールを1,880枚、高さ4mのソーラーシェアリング専用架台6段3列を112機設置した、出力526.40kW の発電システムとなる。

#ソーラーシェアリング #営農型太陽光発電

Copyright©Sangyo Kaihatsukiko Inc. All rights reserved.

〒111-0053 東京都台東区浅草橋2-2-10 カナレビル

TEL.03-3861-7052 FAX.03-5687-7744