• スマート農業360

IoTを活用した食品ロス削減の取り組みを開始(株式会社グリーンズ)

株式会社グリーンズは、ホテルの朝食サービス提供の際に発生する食品ロスを削減するため、IoTを活用したシステムを複数社と協力して開発し、2019年2月より同社が運営するコンフォートホテルへ試験導入する。


食べられるにも関わらず捨てられてしまう「食品ロス」については、近年関心が高まっています。


国際連合で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」で定められている「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals:SDGs)のターゲットの1つに、2030年までに世界全体の一人当たりの食料廃棄を半減させることが盛り込まれるなど、大切な資源の有効活用や環境負荷への配慮から、食品ロスを減らすことが社会課題となっている。

そこで、同社では今回IoTを活用した「食品ロス削減システム」を5社の協力のもと開発し、2019年2月より同社の運営する都内のコンフォートホテルにて試験導入するに至った。


【「食品ロス削減システム」とは】

「食品ロス削減システム」とは、ICタグを活用しホテルの朝食利用者数を可視化することで、過剰な食品の提供によって発生する食品ロスを抑制できるシステムである。


■IoTを活用た食品ロス削減イメージ

■朝食利用者数を可視化した画面イメージ


また同社では、今回の実証実験を基に、食品ロス削減だけではなく、人手不足解消に向けた従業員の効率的な働き方の分析・活用や、お客様のさまざまなデータ分析・活用などを行う環境も構築検討し、より良いサービスを目指すとのこと。


【協力開発5社】

以下に、協力開発5社を示す。

■問い合わせ先

株式会社グリーンズ https://www.kk-greens.jp/

#食品ロス #IoT #ICタグ #見える化

Copyright©Sangyo Kaihatsukiko Inc. All rights reserved.

〒111-0053 東京都台東区浅草橋2-2-10 カナレビル

TEL.03-3861-7052 FAX.03-5687-7744