• スマート農業360

丸紅、イエバエを用いて有機肥料を生成するムスカと戦略的パートナーシップを締結

丸紅株式会社(以下、丸紅)は、株式会社ムスカ(以下、ムスカ))と、国連が2015年に採択した「持続可能な開発目標(SDGs)」を志向した社会、ビジネスの実現を目指し、戦略的パートナーシップを締結した。


ムスカは、選別交配を重ねたイエバエの幼虫を用いて家畜排泄物や食料残渣等の有機廃棄物を分解し、その分解過程で有機肥料や蛋白原料等を生成する循環型バイオマスリサイクル技術を有している。


ムスカと丸紅は、ムスカの保有する技術と、丸紅が長年の穀物トレードを通じて築いてきた世界中の一次産業生産者(畜産、穀物等)へのネットワークを融合させ、有機廃棄物の処理に悩む生産者、自治体、食品加工業者、食品小売業者などに、環境負荷と事業性を同時に改善し得るソリューションを提供することで、SDGs推進に貢献していく。


丸紅では、今後もムスカのような社会課題に向き合い先進的な取組みをしているスタートアップとの連携を加速させ、穀物原料供給から食品製品販売のサプライチェーン各段階において、持続可能な社会の実現に貢献できるビジネスを構築していくとしている。

#SDGs #有機肥料 #バイオマスリサイクル

Copyright©Sangyo Kaihatsukiko Inc. All rights reserved.

〒111-0053 東京都台東区浅草橋2-2-10 カナレビル

TEL.03-3861-7052 FAX.03-5687-7744