• スマート農業360

京セラ、スマート農業を実現する LPWA「GPSマルチユニット」を発売

京セラ株式会社は、国内大手通信キャリアが展開するIoT向け無線ネットワークLPWA(Low Power Wide Area)の通信規格のひとつである、「LTETM Cat.M1」に対応した「GPSマルチユニット」を、3月下旬より、順次、販売開始する。

GPSマルチユニット

【「GPSマルチユニット」の主な仕様】

「GPSマルチユニット」は、GPSに加え、GLONASS、みちびきによる位置情報に対応した、人やモノの位置追跡に適した端末。温度・湿度・加速度の各種センサとアンテナをコンパクトなサイズのユニットに搭載している。また、外部給電タイプと、バッテリー内蔵タイプの2つラインナップより、利用する環境にあわせて選択できる。

ハウス内の環境データの収集や農業機械の管理、コンテナやトラックなどの物流管理など、さまざまな用途で活用することができる。


【主な特長】

1. 安心の長時間稼動

バッテリー内蔵タイプでは1,500mAhのバッテリーを搭載しているため、頻繁に充電する必要がなく、いざという時の電池切れのリスクを減らす。


2. シーンによって選べる電源仕様

電源仕様を2種類用意。室内環境の遠隔監視など、常時給電が可能な環境でご利用される場合には外部給電タイプ、お子さまの見守りや自転車の盗難防止など、給電可能なタイミングが限られる環境ではバッテリー内蔵タイプなど、利用シーンに合わせて選択できる。


3. 位置情報と3つのセンサを搭載

GPS、GLONASS、みちびきによる位置情報に加え、温度、湿度、加速度の各センサも搭載。位置情報だけではなく、環境データもあわせて計測、収集できる。


4. 優れた拡張性

UARTやUSBの汎用インタフェイスに対応しているため、モデムモードで既存の機器やデバイスなどとも簡単に接続し、IoT 機器として活用できる。また、外部給電タイプは内蔵のアンテナでは通信が難しい環境でも、外部アンテナを接続して利用可能。


【活用イメージ】

1. 農業現場

  • スマート農業の実現に向けた遠隔監視やデータ収集

  • ハウス内の環境データの収集

  • 農業機械の管理




2. 物流/宅配業界

  • 荷物の集荷/配送状況の通知

  • 食品宅配時の適正な温度管理

  • 運行管理





3. 製造現場

  • 製造機械の監視や異常検知

  • 材料の残量管理






4. 建築/土木現場

  • 倒壊の恐れのある建造物の監視

  • 現場作業者の見守り

  • 作業車両の位置監視と盗難防止トラッキング





5. 介護/子どもの見守り

  • 高齢者の安否確認や、所在確認

  • 習い事など、子供の外出時の見守り

  • 室内環境の遠隔監視(熱中症防止など)





■問い合わせ先

https://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/office/iot/products/gps_multiunit.html

#LPWA #GPS #スマート農業 #遠隔監視

Copyright©Sangyo Kaihatsukiko Inc. All rights reserved.

〒111-0053 東京都台東区浅草橋2-2-10 カナレビル

TEL.03-3861-7052 FAX.03-5687-7744